デジタルビジネス最前線

人工知能・IoT・ビッグデータ等に関する国内外の事例をまとめています。

自動車業界におけるブロックチェーンの取り組みについて知っておくべき5つのニュース

「car blockchain」の画像検索結果 

目次

はじめに

この記事では、自動車業界におけるブロックチェーンの取り組み状況についてまとめています。自動車業界とは言っているものの、現時点においては、トヨタの取り組みが際立っている印象で、他の企業よりも断然先進的な取り組みを行なっているように見えます。他の企業については、これからという段階だと思いますので、またニュースが出るたびに追加していければと思います。

トヨタ自動車がMIT メディア・ラボと提携し、ブロックチェーン分野の研究開発

まずはトヨタとMITの提携のニュース。トヨタ・リサーチ・インスティチュートは、MITメディア・ラボと提携。さらには、ブロックチェーン関連のスタートアップとも提携を行っています。MITのメディアラボでデジタル通貨イニシアティブの責任者を務めるNeha Narulaは声明で

ブロックチェーン・テクノロジーを用いてユーザーが自らの運転データを確実にコントロールできるプラットフォームを開発するプロジェクトにトヨタが深くコミットすることになったのは喜ばしい。安全かつ信頼性の高い自動運転車の実現に向けてさらに一歩を踏み出すために、業界の他のメンバーもこのプロジェクトに参加するようわれわれは期待している

と述べています。トヨタが提携したブロックチェーンスタートアップについては以下の通り。見慣れない企業も多いですが、天下のトヨタに選ばれた企業です。覚えておくと良いと思います。

Bigchain DB

Bigchain DBはベルリンを本拠とするスタートアップ。ブロックチェーンベースのデータベースを開発しています。このスタートアップの特徴としては、分散データベースとブロックチェーンの良いとこどりを目指していることにあります。ちなみに、この企業はリクルート・テクノロジーズとも提携関係にあることも覚えておいたほうが良いでしょう。

Oaken Innovation

テキサス州ダラスに本拠を置くIoT関連のスタートアップ。創業者はHudson Jameson。2Pカーシェアリングアプリを開発しているようです。

参考:LinkedIn

Commuterz

イスラエルに本拠を置くスタートアップ。カープーリングのソリューションをTRIと共同開発中です。

Gem

ロサンゼルスを本拠とするスタートアップ。ヘルスケアやサプライチェーン分野を担うブロックチェーンスタートアップです。

TIMS

トヨタ、トヨタフィナンシャルサービス、あいおいニッセイ同和損害保険のジョイントベンチャー。テレマティクス自動車保険を開発するスタートアップです。

 

トヨタ自動車がEEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)に加入

次いで、トヨタとEEAの提携のニュース。2017年5月に開催されたカンファレンス「Consensus 2017」において、トヨタ自動車は EEA(イーサリアム・エンタープライズ・アライアンス)に参画することを発表しました。主に自動運転車の開発に使用するようです。このコンソーシアムには、

  • JPモルガン
  • マイクロソフト
  • IBM
  • ブリティッシュ・ペトロリアム
  • メルク
  • サムスン
  • 三菱UFJ

あたりも加入しています。この発表でイーサリアムの価格が暴騰していた記憶があります。それだけトヨタとの提携はインパクトの大きなものだったのでしょう。

ダイムラーがハイパーレッジャープロジェクトに加入

2017年2月21日、メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーはハイパーレッジャー・プロジェクトのメンバーに加入しました。ちなみに、本プロジェクトには、日本からも

  • 日立
  • 富士通
  • NEC

等が参加しています。また、米国からは、

  • IBM
  • Intel

が参加しています。ダイムラーCIOのジャン・ブレヒトは以下のようにコメントしています。

ブロックチェーン技術は、まだまだ成熟していないが、継続的に成長する有望な技術だと考えている。今、その最先端の現場に入り、知識を蓄積し、経験を共有する人々のネットワークを形成するには最適な時期だ。

ダイムラーが PayCash Europeを買収 

2017年1月、ダイムラーは子会社のダイムラー・フィナンシャルサービスを通じ、買収しています。PayCash Europeはモバイル決済関連のサービスを提供するスタートアップ企業。どうやらMercedes Payというコンセプトを実現するために、買収を行ったようです。ダイムラー・フィナンシャル・サービスの取締役会役員、Bodo Uebber氏は、同社のプレスリリースで次のように明かしています。

Mercedes Payは、弊社のモビリティとデジタル化戦略における基礎的な要素です。この新たな決済システムには、デジタルモビリティサービスを展開する大手プロバイダーとして、提供する製品やサービスをさらに魅力的なものにしようというダイムラー社としての野望が背景にあります。」

参考:ePayment investment: Daimler Financial Services acquires PayCash Europe SA - Daimler Global Media Site

 VISAとDocuSignがカーリースにブロックチェーンを応用

2015年10月、ラスベガスで開催されたMoney 20/20の場において、VISAとDocuSignが駐車場や自動車保険、カーリースのような従量課金サービスをブロックチェーンを用いて行うアプリのプロトタイプを発表しました。以下の動画が参考になります。

参考:DocuSign & Visa’s Smart Contracts & Payments Prototype

動画で紹介されている処理の流れは以下です。

  1. 車のIDをブロックチェーンに登録。これでこの車は「スマート資産」として利用可能になる。
  2. 想定される年間走行距離のレンジに基づいて、顧客がリースプランを選択。
  3. 選択したリースプランに電子署名することで契約する。契約もブロックチェーンに登録する。
  4. 複数の保険会社のオファーから顧客が自動車保険を選択。
  5. 選択した自動車保険に電子署名することで契約する。これもブロックチェーンに登録する。
  6. リース料と保険料の決済に用いるクレジットカードを登録。これでリース契約が完了する。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。なんだかトヨタの動向ばかりになってしまった感がありますが、最後に、いくつか補足的に記載させて頂きます。

ブロックチェーンを学ぶ上でオススメの書籍

今回は、自動車業界のブロックチェーンの取り組み状況について紹介させて頂きましたが、自動運転車のデータ共有基盤として、ブロックチェーンが使われる可能性は高く、ブロックチェーンに関する知識をつけておけば、ビジネスパーソンとしての競争力を高めることができるかもしれません。ブロックチェーンを学ぶ上で、オススメの書籍としては、

  • ブロックチェーンレボリューション
  • ブロックチェーン革命
  • ブロックチェーンの衝撃
  • 仮想通貨革命

あたりが良く挙げられます。個人的には、世界的ベストセラーのブロックチェーンレボリューションがイチオシです。また、野口悠紀雄さんの著作のブロックチェーン革命と仮想通貨革命も素晴らしい本です。野口先生の先見性は本当に卓越しています。

ブロックチェーンに親しむためにはまずは仮想通貨投資

ブロックチェーン技術に親しむには、まずは仮想通貨に投資することをオススメします。イーサリアムで分散型プラットフォームを構築しようとしたら、イーサが必要になりますし、ビットコインとイーサリアムあたりは持っておいたほうが良い気がします。個人的にオススメの取引所は、

  • コインチェック
  • ビットフライヤー

あたりです。使いやすいのはコインチェックですが、ビットフライヤーは大手金融機関から多くの出資を受けているので、資本金が分厚く、潰れる心配がないのがメリットです。個人的には、コインチェックが使いやすいと思うので、おすすめしています。あとアルトコインの取扱いも豊富なので。

参考:簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

イーサリアムを記述するならJavascriptに似たプログラミング言語「Solidity」を学ぼう

トヨタもイーサリアム企業連合に加盟した通り、自動車業界いおいても、イーサリアム・ブロックチェーンに知見のあるエンジニアやビジネスパーソンがこれから求められる可能性はあります。イーサリアムを記述するプログラミング言語としては、Solidityが挙げられますが、今現在、Solidityを学ぶことができるプログラミングスクールはおそらく存在しないと思います。なので、とりあえずはSolidityと似ていると言われるJavascriptを学ぶのは戦略的にありなのかもしれません。また、スマートコントラクトを記述するプラットフォームとしては、イーサリアムの他にリスクがあるのですが、リスクはJavascriptで記述出来る点が特徴です。リスクはマイクロソフトのアジュールにも採用されており、現時点においては、イーサリアムほど知名度はありませんが、地味に需要が伸びるだろうなあと思います。というわけで、以下にJavascriptを学ぶことができるプログラミングスクールを紹介しておきます。

あたりが人気かと思います。